不織布?ガーゼ?立体型?プリーツ型?正しいマスクの選び方!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

6ba0313e73366a6fff56649ba945a189_s

9月も下旬ですね。いよいよ秋も深まり始め、朝晩には肌寒さを感じるようになってきました。

これから本格的に寒くなってくると、今日はどこにも出掛けずずっと家にこもっていたいなぁ・・・と緩慢になるのがヒトという生物ですが、逆に「おれたちの季節がやってきたぜー!イエ―― Ψ(`∀´)Ψ」と言わんばかりに活発になる生物(その分野の専門家に言わせれば、生物には分類されないそうですが)、ありますよね。

そう、ウイルス・細菌です( ;´Д`)

子をもつ親にとっては、11月~3月頃はとくに神経を尖らせる時期ですね。

スポンサーリンク

秋冬に流行する感染症は?

4b6324535638ac1e51d35a8eaebf2850_s

秋から冬の終わり(春先)までのあいだに流行する感染症にはどのようなものがあるでしょうか。

超有名どころから言えばインフルエンザノロウィルス、RSウィルス溶連菌感染症マイコプラズマ肺炎・・・などが思い浮かびますね。

インフルエンザに関して言えば、2016年度の感染情報は今のところ更新されていないようです。

感染症に関する最新の情報は国立感染症研究所のサイトでチェックすることができます!

ウイルス・細菌に感染しない為の対策は?

インフルエンザを例に、ウィルス感染を予防する方法をおさらいしてみましょう。

有効な方法としては、以下が挙げられます。

1) 流行前のワクチン接種

2) 飛沫感染対策としての咳エチケット

3) 外出後の手洗い等

4) 適度な湿度の保持

5) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

6) 人混みや繁華街への外出を控える

※厚生労働省HPより

 

近年、厚生労働省は特に咳エチケットの啓発活動に力を入れています。

咳・くしゃみから感染するケースが最も多いため、感染者をはじめとする全ての人にマスクの着用を勧めています。

スポンサーリンク

 ガーゼ?不職布?正しいマスクの選び方

一昔前は、ガーゼマスクが主流でした。

(昭和の女・ちゃあ坊も小学生のころはガーゼマスクをしていました。息苦しいのがイヤで、ほとんどあごプロテクターになってましたけれど。笑)

特に子供には肌触りの良いガーゼマスクをさせている方も多いと思います。

では感染予防という観点から、ガーゼマスクは有効であるか?を考えてみましょう。

ガーゼマスクのデメリット

果たしてガーゼは感染予防に効果的なのでしょうか?

答えはどちらかといえばNOです。(;゚Д゚)オーノー!!

ウイルスにとってガーゼの網はスッカスカで、「ウイルスの侵入を防ぐこと」はできません。

残念ながらご自由にお入りください状態です。

最近は抗ウイルスタイプのガーゼマスクという新星も登場しているようで。

侵入の際、糸の繊維に当たればそのウイルスを不活化させることができるそうなのですが、逆にいえば糸の繊維に当たらず侵入できれば何のダメージも与えられないということ。

スカスカの網にかすりもせずマスク内に侵入することは、ウイルスにとってなんら難しいことではありません。

ガーゼマスクのメリット

では逆に、ガーゼマスクを使うメリットはあるのでしょうか?

ガーゼの特性として保湿性がある=マスク内の湿度をある程度高く保つことができるということがあります。ウイルスは高湿が苦手なので、ちょっとは弱っちくなる可能性もある。

つまり、ガーゼマスクは、しないよりはした方が良いということ。

不織布のように軽く、網目が細かく複雑なつくりのガーゼマスクの出現が待たれます!!

不織布マスクとは?

一方、不織布マスク(サージカルマスク)はどうでしょうか?

16-09-25-14-37-02-859_deco

こちらに見えますのは、うちにあるマスクの箱です。笑

一家まとめてアレルギー性鼻炎もちなので、マスク様に置かれましては年間を通じ大変お世話になっております(私は365日のうち、恐らく200日くらいマスクをしている)。

気軽に使い捨てできるのは不織布マスクの良いところですね!

枚数の多い箱タイプを買う方も多いのではないでしょうか。

「99%カット」

ドラッグストアに置いてあるほとんどのマスクのパッケージにこの文字が躍ります。

消費者は「どれも99%って書いてあるや~ん。使い捨てるものには極力お金掛けたくないし、安いのにしとこ。 (´∀`)」

と、なります。私もそうでした。

1474781666534

 

箱に書いてある「BFE」の文字をナゾに思い、検索するまでは…!

(カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタk)|\__ρ(‘-‘*

BFE、VFE、PFEとは

分かりやすいのみっけましたよー。

%e9%81%ae%e6%96%ad%e7%8e%87 %ef%bd%9a%ef%bd%9a%ef%bd%9a%ef%bd%9a

引用:中外工機株式会社HP

BFE 大きさ3umの花粉・咳くしゃみによる飛沫の遮断率試験。

VFE 大きさ0.1um~5um(平均2.8um)の、インフルエンザウイルスをはじめとしたその他無数にあるウイルス飛沫の遮断率試験。

PFE 大きさ0.1umのインフルエンザウイルス等のウイルス単体(飛沫核)の遮断率試験。

 

ですって。

ということは、花粉症対策ならBEFでOK!

ウイルス対策ならVFEさらにはPFEの試験をパスしたものでないとあまり意味がないということ!

値段で決めてはいけないんですね。

どの遮断率試験の結果、99%遮断できたマスクなのか?

そこで判断するようにしましょう。

立体型かプリーツ型か

大きく分けて立体型プリーツ型がありますね。

どちらのタイプがよりウイルスの侵入を防ぐのに効果があるのか?

これはご存じの方も多いのではないでしょうか。

国民生活センターが実験した結果

  • プリーツ型は顔にフィットしにくく隙間ができやすいため、銘柄により65~90%超の漏れ率だった。
  • 立体型は銘柄により40~80%の漏れ率だった。

わーー意外と漏れてますね!笑

どっちもどっちな気はしますが、立体型の方が漏れ率は少ないということで新しく買う方は立体型を選ぶべしですね。

早速ドラッグストアに行ってきましたよ。

1474783926960

箱タイプはたまたまプリーツ型しか置いてなかったけど、VFE・PFE試験済みのものです!

同じ枚数で、今まで買っていた最安値マスクより200円↑です。

マスクに限らず、高性能なものは値段も高め!

これって当たり前ですよね。

ただ安いからと、書かれている表示を確認もせずに買って

そいつが自分が期待していた機能を持っておらず、目的を果たせないのでは本末転倒!

センセーショナルな宣伝文句に踊らされず、冷静に賢く商品を見極めてゆきたいものです。

まとめ


あらゆるウイルスの侵入を予防したいのであれば、パッケージに
「VFE・PFE2つの遮断試験に合格」

の旨が表示されている立体マスクを選ぶべし!!
ただ、いくらフィルターが高性能であっても
マスクと顔の間に隙間が生まれる限り
感染予防の効果はあまり期待できない。

一方、感染者が咳やくしゃみをする際
少しでも周りに菌を撒き散らさないようにするのには有効。

こんなところでしょうか!

どなたかのお役にたてればうれしいです♪

こちらもあわせてどうぞ!

>>コーヒーと食べ合わせの良いもの、悪いもの。意外な効能や健康効果も。

>>生理痛の原因はナプキンかも?薬に頼らず緩和する方法。

>>子供が嘔吐を繰り返す。自家中毒(周期性嘔吐症、アセトン血性嘔吐症)の原因は?

スポンサーリンク【最下部】

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存