手作りポン酢は簡単・美味しい!10分でできる自家製ポン酢の作り方。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

水炊き

こんばんは!ちゃあ坊です。

今夜は、「あっと言う間にポン酢を手作りできちゃう方法」をお教えします♪

ポン酢は買うのが当たりまえ♪なあなた。(わたしもそうでした^u^;)

ポン酢ってこんな簡単に作れるの!?

ってちょっとびっくりしちゃうかも、です。

材料も作り方もいたってシンプル。

保存瓶の煮沸消毒だけ、前もってしておいてくださいね。

スポンサーリンク

簡単すだちポン酢の作り方

材料(300ml瓶2つ分)

・すだち6つ(果汁200ml)

・濃口醤油300ml

・昆布10g

・かつお削り節10g

(・米酢適宜)

(・米麹適宜)

工程

1.すだちの表面を良く洗い、清潔な布巾などできれいに水分をふき取る。

すだち6つ

きれいな黄緑色。

2.果汁を搾って200mlに満たない場合は、米酢を足す。(今回はかぼす6つで250mlになったので酢は足していない)

しぼりかす

あとでお風呂に入れてあげるからね~♪

3.絞り終えたら、材料それぞれを瓶に詰める。

材料一覧

整列!!

今回は冷蔵庫にいた米麹を少量ずつ入れ、味に深みを出すのを手伝ってもらうことにした。

この工程は省いてOK!

もふもふ米麹

もっふもふの米麹ちゃん♪

4.昆布、鰹節、果汁、醤油の順に入れ、スプーンで混ぜ馴染ませる。

瓶詰め

5.冷蔵庫へ。すぐでも使えるけれど、まろやかにするには最低半月、できれば1ヶ月熟成させると良い。瓶内を清潔に保てば半年以上もちます!

出来あがり

すだちでなくても、柚子や橙など香りが強めの柑橘類を使用することで美味しいポン酢になります。香りが命^^

半月~1ヶ月後に味見してみて、酸味がきついと感じたら、煮立てて冷ましたみりんを大さじ1~ずつ入れると良いです。

今回はできるだけすだちの良い香りを生かしたいなぁと思い、実験的に米麹をいれてみました!風味に変化はあるか。楽しみです。

スポンサーリンク

ポン酢を作るにあたり参考にしているのは、普段からわたしがもっとも見ることが多い和食レシピサイト「白ごはん.com」和食は本当にちょっとしたひと手間で美味しくなります。白ごはん.comさんは基本のだしの取り方から丁寧に教えてくれる、和食のバイブルです。

さてさて、寒くなってきました!

鍋料理の美味しい季節、到来です♪

みなさんはどんな鍋がお好みでしょうか?

シンプルな水炊き鍋や寄せ鍋から、味噌鍋、キムチ鍋、トマト鍋、豆乳鍋、カレー鍋、カルボナーラ鍋なんてのもありますね。

毎年夏が終わるや否や、スーパーには数え切れないほどの種類の「鍋の素」が並びます。

気分で選べるのも良いし、お鍋の中にパウチに入った液体をだーーっと流し込んですぐに具材を煮込み始めることが出来るのでとってもお手軽!

でも「鍋の素」を使った鍋に飽きたときは、シンプルに水炊き鍋はいかがですか?

昆布でしっかり目にだしをとって、具材を煮立て、爽やかな自家製ポン酢につけていただく。

アクセントに一味とうがらしやゆず胡椒を加えるのも良いですね!

素材の味を楽しめる、わたしの一番好きな食べ方です^^

お肉や野菜の旨味がだしに溶け込んでいるので、〆の雑炊も格別…!

今夜も鍋にしようかな。

こちらもあわせてどうぞ!

>>だし麹は塩麹、醤油麹の次に来る万能調味料!作り方や使い方、レシピも。

>>塩麹は炊飯器で作ると失敗のリスクあり!美味しくて安全な作り方◎

>>卵1パックの値段は様々。その価格差は〇〇〇の違いだった!

スポンサーリンク【最下部】

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存