【ゆるマクロビレシピ】お豆腐キッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんばんは!

先日持ち寄りパーティがありました。

普段、他のお母さんのお料理を頂く機会ってそんなに多くないですよね。

とっても美味しかったし、参考になりました!

ちゃあ坊がこしらえた3品

・お豆腐キッシュ

・アンチョビポテト

・豆腐クリームのグラタン

今回は豆腐がまるまる一丁入った、キッシュのレシピをご紹介!

ハロウィン、クリスマス、お誕生日など各種パーティに登場させると喜ばれること間違いなしです♪

スポンサーリンク

お豆腐キッシュ

16-10-07-23-04-47-660_photo

【ミニパウンド型2本分】

絹豆腐—————————————300g
レモン汁————————————-10ふり
薄力粉—————————————大さじ3
豆乳(なければ牛乳)———————–大さじ2
卵(L寸)———————————–2個
シュレッドチーズ—————————-50g
玉ねぎ—————————————4分の1個
枝豆、にんじんなどお好みの野菜————約150g
ベーコンかハム——————————お好みで
塩、こしょう——————————–少々
ミニトマト—————————————3個

作り方

①豆腐を1日~1日半、キッチンペーパーで巻いて重しをのせ冷蔵庫で水切りする。

急ぎのときはレンジでチンする。
(600wで6分。まだ抜けきっていなければ2分追加を繰り返す)

豆腐の重さが約200gになり粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。
急ぎの時は冷凍庫へ。※凍らせないように!笑

②玉ねぎは薄切り、他の野菜はみじん切りにしておく。(後でじっくり炒めてさらにオーブンで焼くので、粗い大き目のみじん切りでOK!)

③バターもしくはオリーブ油を敷いてフライパンを弱で熱し、玉ねぎ→にんじん→枝豆の順に入れ、塩と胡椒を少々。
玉ねぎが飴色になるまでじっくり炒める。

④冷やしておいた豆腐の表面の水分をとり、レモン汁を入れてフードプロセッサーで滑らかにする。
ボウルに薄力粉を入れ、豆乳を加え泡だて器でダマにならないよう良く混ぜる。
卵、先ほどクリーム状にした豆腐を入れて混ぜる。
炒めた野菜、チーズを入れたらスプーンか菜箸で混ぜる。

⑤クッキングペーパーを敷いたパウンド型にフォークで穴を空けた冷凍パイシートを敷き詰め、生地を流し入れる。
なるべく薄くスライスしたミニトマトを、重ならないように並べる。
180℃に予熱したオーブンで35分焼く。

⑥型から外して、粗熱が取れたらラップ。冷蔵庫で冷やして召し上がってください^^♪

追記
・トマトをのせると熱が通りにくくなるので、表面に軽く焦げ目が付いたらアルミホイルを被せると良いです^^均一に熱が入ります。

・焼き時間はオーブンによります。様子を見ながら調節してください。

・トマトがない場合は、パプリカを薄い輪切りにしたものでもOK。

・パイシートをタルト生地にしても美味しいです♪

こちらもあわせてどうぞ!

>>米のとぎ汁を掃除・洗濯に活用!あく抜きだけじゃない5つの使い方

>>手作りポン酢は簡単・美味しい!10分でできる自家製ポン酢の作り方。

>>卵1パックの値段は様々。その価格差は〇〇〇の違いだった!

スポンサーリンク【最下部】

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存